子育て支援事業について 各種子育て支援事業についてのよくある質問

通っていない保育所等に、子どもを一時的に預けることができますか

一時預かり事業は、普段幼稚園や保育所等に通っていない子どもであっても、保護者が通院や冠婚葬祭等で一時的に子どもを預けたい時に預かってもらうことのできる事業です。 時間帯や対象年齢等各施設によって対応が異なりますので、詳細は各施設又は市役所・町役場にお問い合わせください。

一時預かりの申込方法、利用料を教えてください

利用にあたっては、実施施設や各市町村に利用申込をしていただくことになります。各市町村ごとに対応が異なります(利用料金についても同様)ので、最寄りの実施施設又は市役所・町役場にお問い合せください。

病児・病後児でも、一時的に預けることができますか

保護者が職場を休めないときなどに、疾病にかかっている乳幼児又は回復途中の病後児を、一時的に保育所、認定こども園、病院などに設けられた専用スペースに預け、保育を受けることができる病児・病後児保育事業があります。 家庭で保育を受けることが難しい小学生を含めて対象としている場合もあります。各市町村ごとに対応が異なりますので、最寄りの実施施設又は市役所・町役場にお問い合わせください。

子どもを、夜間又は宿泊で預けることはできますか

保護者の方が出張や冠婚葬祭、病気などにより、子どもの保育ができない場合に、短期間の宿泊で子どもを預けることができます。(ショートステイ) また、平日の夜間などに子どもの保育ができない場合に、一時的に預けることができます。(トワイライトステイ) 各市町村ごとに対応が異なりますので、最寄りの実施施設又は市役所・町役場にお問い合わせください。

ファミリー・サポート・センターを利用したいのですが

保護者が冠婚葬祭や病気・通院などで、一時的に家庭で保育ができなくなった場合や残業で定時に保育所等へ子どもの迎えに行けない場合等に利用することができます。利用に際しては予め依頼会員としての登録が必要で、子どもを預かっていただく提供会員の方との顔合わせを事前にしておきます。 病児や病後児を含めて対象としているファミリー・サポート・センターもあります。各市町村ごとに対応が異なりますので、最寄りの実施施設又は市役所・町役場にお問い合わせください。

一覧へ戻る